新着質問

  • 医療・介護について

    スタッフ体制はどのようになっていますか?

    “やすらぎ”では、ホームの総責任者である「施設長」、訪問介護の責任者である「管理者」、サービス内容を調整する「サービス提供責任者」、介助・介護をさせていただく「介護スタッフ」、日々の楽しみを提供する「楽しみコンシェルジュ」等を配置しております。また、介護スタッフの合計数は入居者様3人に対して週40時間換算で1人以上の配置(3:1以上)となります。(介護保険で定められた人員となります。ホームにより、2.5:1以上、2.0:1以上、1.5:1以上のより手厚い配置基準を定めている場合があります。)

  • 医療・介護について

    夜間の体制はどのようになっていますか?

    夜間(19時~翌6時 ※ホームによって時間帯や人数が異なります)もスタッフが常駐します。入居者様の見守りやおむつ交換などの対応をいたします。緊急の場合には、看護スタッフ・医師との連絡体制も整えています。

    *やすらぎ東住吉につきましては、看護スタッフ(外部委託)が夜間も常駐いたします。

  • 医療・介護について

    日常の健康管理はどのようになっていますか?

    日常の健康管理は、定期的なバイタル測定や日々のご生活の様子観察を、ホームの介護職員が行っています。また、入居者様やご家族様のご意向、主治医の指示があればその観点をスタッフで共有し、日々確認しています。

  • 医療・介護について

    緊急時の対応はどのようになっていますか?

    居室のベッド脇やトイレ内、浴室等に設置されている緊急コールボタンは、スタッフステーションとスタッフの医療用携帯電話につながり、スタッフが速やかに対応します。必要に応じて協力医療機関へ連絡し、医師の指示を仰ぎます。

  • 医療・介護について

    退院した後、ホームに戻ることはできますか?

    はい、お戻りいただけます。常時医療的な対応が必要な状況の場合は、医師の意見を踏まえご相談をさせていただきます。

  • 医療・介護について

    入院などで長期間部屋を空けた時、部屋はどうなりますか?

    入院等により居室を長期間不在とされる場合は、家賃と管理費は発生しますが、食費と介護保険自己負担分は必要ありません。
    なお、居室保全、換気等のため定期的にスタッフが居室に出入りすることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 建物・居室について

    居室はどのような設備になっていますか?

    「洗面台」「エアコン」「緊急コールボタン」「室内照明」「カーテン」「スプリンクラー」をご用意しています。ベッドやタンス、その他の家具については、お好みのものをお持込みいただけます。ご自分のお部屋として、快適に過ごしていただくためにも、永年愛用された家具・調度品などをお持ち込みください。

  • 建物・居室について

    個室(一人部屋)で生活をしたいのですが可能ですか。また、面積はどのくらいですか。

    “やすらぎ”では全居室、個室でご用意しています。居室の広さはホームやお部屋タイプによって異なりますので、お問い合わせください。

  • 建物・居室について

    家具の持ち込みや内装の変更について制限がありますか。

    ご自宅で使われていた家具等をお持ち込みいただけますが、ガスストーブやコンロ、ろうそく等の火災・事故の危険があるものはお断りさせていただいています。
    内装の変更については事前にご相談いただいた上、届出が必要となります。その場合にも、退去時に現状復帰をお願いしています。
    また、カーテンなどを各自でご用意いただくホームもございますので、ご入居前にご確認ください。

  • 建物・居室について

    建築・設備面でどのような防災対策がとられていますか。

    火災時の対応として、全ホームにスプリンクラーを設置しています。また火災発生時には、自動火災報知器が感知し、自動的に消防署に連絡が入るホームもございます。
    その他、約3日分の食料・非常時対応トイレなどを各ホームに備蓄しています。

    *標準設備:自動火災報知設備、誘導灯、避難具、スプリンクラー、補助散水栓、非常用食料・水の備蓄